トレッキング初心者が始めちゃったブログ

【ここだけの話】『トレッキング初心者が始めちゃったブログ』 と、タイトル設定したけど、今のところ主な活動は、要は「山登り」、「山歩き」。これが実に楽しい。タイトル下にも書いたけど、本当に不思議なくらいにこの世界に引き込まれていく自分が突然として顔を見せた。自分はいい年齢(トシ)なので、余り危険なことをする気はないけど、若いうちにこの世界を知っていれば、もしかしたら冒険心みたいな気持ちに灯がともってしまったかもしれない。この「山の世界」、かなりお勧めである。

2014年3月21日金曜日

mont・bellのシュラフとマット

シュラフの方が頭一つ分、長さがある。
モンベルの商品を購入するのは、ほとんど初めて。ほとんどというのは、以前マップケースを買ったことがあるから。まあ、どうでもよい話だ。
今回購入したのは、シュラフとシュラフマット。シュラフは「アルパイン・ダウンハガー800」の♯3、登山用のシュラフって、軽くて、収納時もとてもコンパクト。それでいて今回購入したタイプは、対応温度が最低1℃というから、3000m級の山で考えると、夏季対応、中級山岳は冬期間以外は大体いけそう。ちなみにモンベルでは「人により快適に睡眠できたり、できなかったりする温度域」をトランジッション温度域と呼んでいて、域内のリミット温度が1℃のタイプが#3。なんだか良く分からないが...。それはさておいて、モンベルのシュラフはストレッチ性の高さを売りにしているが、いざ使ってみると、それほどでもないなと感じる。まあ、自分の場合、シュラフを使うのがこれが初めてだから、標準が良く分からないので、素人の単純な印象ということで、モンベルさん気を悪くしないでね。
どちらもコンパクトに。ただ、シュラフは畳むのに慣れが必要。
一方、シュラフマットは、「U.L.コンフォートシステムパッド150キャンプ50」、簡単に言うと、ウレタン入りのエアーマットってことかな。長さが150cmで、厚さが50mm、長さが身長より足りない分はザックや何かで枕部分を補えるはずで、今回の購入に当たっては、むしろ持ち運び時のコンパクト性を重視した。50mmの厚さは、クッション性が高く、期待度は高い。ただ、失敗したのは、幅が60cmもあるので、107cmのテント幅に2人分を並べることは難しいこと。将来、家内を連れていく時は何か考えないといけない。

さあ、これでテント泊に向けた装備は一応、整った。あとは、入念な登山計画を立てるだけ。なにしろ、テント泊は初めてなので、今からドキドキ、ワクワクといった感じである。ただし、決行は8月、まだまだ先なのである...。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2014年3月16日日曜日

初テント、NEMO・OBI(ニーモ・オビ)2P

部屋の中で張ってみた。ペグ打てないから皺だらけ。
とうとう買ってしまった、登山用テント。今年の夏は、こっちの山で初めてのテント泊をしてみようと思っている。購入したテントは、NEMO・OBI・2P(ニーモ・オビ・2人用)。このテントに決めた理由は、こんなところかな。
①まず2人用が欲しかった。とりあえずはソロのテン泊から始めるけど、そのうち家内も引っ張り込もうと思っている。
②次にこのモデル、出入り口が2つ付いている。ということは、2人で使用するとき、お互いがストレスなくテントの出入りが可能となるわけで、狭いテント生活では結構重要なことと思っている。
③それと、シングルウォールかダブルかという選択肢。これは迷わずダブルウォールに。シングルより多少重量はあるが、山の不安定な天候を考えると、初心者的にはやはりこっちだろう。
④そして、これもまた重要、コスト。2人用で4.5万円くらい。まあ、安くはないけど、対抗馬のMSR・ヌックが5万円くらいだから、お買い得といえるかも。モンベルは約4万円だったけどね...。
一人で使う分には十分な広さ。
⑤最終的には、やはり気に入ったものであるということ。自分の場合、元々MSRかNEMOを狙っていたんだが、MSRの輸入元が昨年(だったかな?)、おそらく円安に負けたのだろうけど、企業努力の跡が見えない中、急きょ値上げに踏み切ったので、その反発とでもいうか、NEMOに決めた。

こうして、いざテントを手に入れると、無性に山に行きたい気持ちがこみ上げてきた。「ああ、早く山に行きて~」って具合。去年6月、こっちに来てから約9か月になるけど、まだ2回しか山に行けてない。正直、ストレス溜まりまくりだ。山を知った人間は山に行かない限り適切なストレス軽減ができなくなるのだろうか。つまりこれって、「山中毒」ってことかな。ああ、山に行きて~!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2014年2月9日日曜日

冬山グローブ

結構大きめの外観
冬山に行くから。

というよりも実用に駆られて、より防寒性の高いグローブを購入した。購入したグローブは「マーモットのシュート・グローブ」。冬山専用というわけではないけど、どの程度のグローブが妥当なのか分からなかったから、お店の人が勧めてくれた、こいつに決めた。
自分が今住んでいるこの街、今の時期、最低気温は氷点下10℃~20℃まで下がり、そんな中を30分近くの徒歩通勤をしている。最初に使っていた手袋は、ウィンドストッパー付きの某山岳メーカーのグローブ。正直、防寒グローブの用をなさなかった。なので、本格的な防寒グローブが欲しかった。そこで、いずれ冬山に行くつもりだから、そんなことも展望して、街中で使用するにはやや派手かなと思いつつもこのグローブを選んだ。
通勤時には、さらにインナーグローブとしてシンサレートのウールの手袋を重ね入れて使っている。それでも強烈に冷え込んだ朝は、起きたばかりで血流がまだ弱いこともあり、指先がジーンとくるくらい、寒いこともある。

自分、冬山に行ったことがないから、本当に自分に合った装備についてはまだ分からないけど、近い将来、冬山にいる自分をイメージしながら、とりあえず今は必要そうな装備を徐々に揃えているところ。次は、何かな。

とりあえずインナーとしてウールの手袋を入れてみた。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2014年1月25日土曜日

ゴーグル XLINE

見た目も悪くない。って、自分映ってるし...。
当地の気候に合わせてというか、いずれ冬山を歩くためにと思い、ゴーグルを買った。ゴーグルは、若い頃、まだスキーをしていた頃に使ったことがあるけど、あの時は、機能・性能にはあまり興味がなく、ずいぶんと曇ったりしていたなと思い出す。だから今回は、多少、そうしたところも考えて、購入に当たった。ただ、ゴーグルもやはりピンキリの世界なので、有名メーカーは機能面等での信頼性は高いものの、さすがにお高い。その辺のところを考え始めると、「冬山にどれほど行くのだろう」とか、「安いゴーグルと高いゴーグル、そんなに機能の違いがあるのか」とか、結局は、リーズナブルな方向へ導いていくケチな自分が顔を出してくる。
そんなことで、とりあえずお試し購入気分でネットをいろいろと物色していたら、こいつを見つけた。XLINE(エックスライン)というこのブランド、韓国メーカーのものだ。購入ページには、ダブルレンズだとか、アンチフォグだとか、曇り止めだとか、100%UVカットだとか、いろいろと良いことを書いているし、値段も3000円くらいでお値打ちだし、もうこれしかないでしょうと、ポチっとしてしまった。実際に使ってみたらフィット感もまあまあだったし、結構動き回っても曇ることなかったし、トータルで見てもネガティブな感じはなかったかな。強いてあげるとすれば、ベルトのクリップが若干弱い。強めにベルトを締めると、クリップが外れやすいということ。まあ、それも適度なテンションであれば問題ないと思う。
こんな感じで、徐々に冬山用グッズを揃えて、いつかは行くぞ憧れの冬山へ。それまでは、道具ばかりではなく、体力作りや冬山の知識習得に時間を費やすことにしよう。そう、当地にいる間は。

ハードケースとイヤーウォーマー付きもうれしい。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2014年1月1日水曜日

2014年、山、今年の目標

ただ今ロックオンしているニーモのオビ
今年の目標は、ズバリ、テント泊登山。となると初めてのテント泊は、当地の山ということとなるが、当地でのテント泊は恐ろしいことにヒグマの出没はつきもの(だと思っている...)。これには、多少というか、かなりビビっている。でもまあ、8月の土日など、超ピーク日に行けば、それなりに登山者も多いだろうし、皆でいれば、なんとかなるでしょうとも、一方では自分らしく楽観的。
どっちにしても、まだテントを持っていないので、テントの購入が目下の目標といったところか。ただ、テント泊は、テントだけを揃えればいいってものではくて、そのほか、テントの下に敷くシート、シュラフ、シュラフマット、さらには、それなりの小物たちが必要になってくるらしい。色んな季節を歩くのであれば、それだけ装備の種類は増えるだろう。そう考えると、「これからもお金がかかりますなあ」と、一人呟きながらも、経済的理由で諦める気も毛頭ない。ママごめん。4月から消費税が上がるらしいから、とりあえず必要なものは、それまでに買ってしまった方がせめてもの家計のためかと、訳の分からない理屈もこねくりだす始末。

Lightning Ascent 22, Yellow
こんなものも必需品になってくるかもですね
それともう一つ、目標とまでは言わないが、せっかく寒冷地の当地にいるのだから、雪中歩きの技術向上や耐寒性の強化に向けたトレーニングを行い、近い将来の冬山登山にもつなげたいと思っている。こっちの方はすでにスカルパ・モンブランを購入したので、あとはあれとあれを手に入れれば完璧だ。むふふ...。
とまあ、今年は当地にいるマイナス面をぼやくのではなく、マイナスと思っていたことをプラスに感じて積極的な活動を実践したいと思っている。
自分の尊敬する孫正義さんは、こう言う「雨と晴れは必ずやってくる。大事なことはその両方を幸運だととらえる心構えだ。」と、まさにそう思う。よし、今年も頑張るぞ。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2013年12月29日日曜日

2013年、今年の山歩きを振り返って

雄阿寒岳から望む阿寒湖と雌阿寒岳
2011年の秋に家内とともに始めた山歩きも、今年は3年目。再びの単身赴任となり、しかも近くに山が少ない環境に変わったことにより、山行は極端に減った。それでも今年前半の貯金もあり、ホームグランドの奥多摩の山を中心に延べ9回、山を訪れ、大小含め名の付くピークには21座ほど立った(生涯累計30回58ピーク)。

今年最も印象に残った山は、やはり当地に来て登った山で、しかも初めての活火山「雌阿寒岳」。この山、ホント凄かった。迫力満点の火山ガスの噴射音や、初めて見る地獄谷の不気味な景色、お隣の阿寒富士の美しさと、その阿寒富士から見た雌阿寒岳の雄大さ。どれもこれも、この目にしっかりと焼きつけてきた。
雪の奥多摩に始まった今年の山歩き、家内と一緒に歩いた鍋割山が今年のことだなんて、何だか信じられないくらい以前のことのよう。年の初めには一年の山行目標として南アルプスという次のステージへの進出を掲げたが、転勤により儚くも断念せざるを得なくなったが、その反面、冬山という新たな目標も見つかった。山行の数は少なかったが、新たな環境に身を置くことによって、去年までとは違った考えを巡らせることができた一年となったかな。改めて、登山とは奥深いものであると感じている。

さて、来年のことは年が改まってから記すとして、今年一年、怪我なく山歩きを楽しむことができて、ホント幸せでした。山の神様、来年もまたよろしくです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2013年12月15日日曜日

目指せ冬山!『SCARPA Mont Blanc GTX』

憧れのスカルパ・モンブラン
どうせ当地に来たのなら、冬山の、というか寒冷地のトレーニングをするでしょう。ということで、憧れの冬山用登山靴『SCARPA Mont Blanc GTX』(スカルパ モンブラン)を買ってしまった。
簡単に「買ってしまった」といったが、自分的には相当の思いきり。なんせお高い買い物だし、冬山登山も正直どの程度行くかのも未知である。しかし、当地の長い冬、ただ黙って部屋にいるわけにもいかないし、むしろこの環境を活かすには「冬山登山」という目標を立てて、赴任期間中に基本装備の充実化や耐寒性を身につることができたらと思っている。

さてこのモンブラン、冬山用の登山靴としては、少なくとも国内においてはスポルティバのネパールに匹敵するくらい、とても人気のあるモデル。というのも、保温性は北海道を除いて国内おおよその冬山に対応しているし、最新モデルは足首周りの抑えが従来モデルよりも柔軟性が高まり、冬山歩きはより安全・快適になっているとの声もあがっている。でもまあ、何といっても作りが細部まで手抜き感がないし、全体的な機能も高レベルでしかもバランスが良いことが最大の魅力なのだろう。

いつかは、こいつとともに冬の八ヶ岳とかを歩いてみたいと思っている。元来、寒さが苦手な自分、本当は寒い中、外に出るのは嫌なんだけど、これも何かの縁、この地でもう一度、心身を鍛え直し、登山での眺望の中で最も美しいと称される冬山の景色をこの目で見てみたいと思っている。必ずや果たして見せるぞ。
いつかはこいつを履いて冬の八ヶ岳、歩きたい
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ