トレッキング初心者が始めちゃったブログ

【ここだけの話】『トレッキング初心者が始めちゃったブログ』 と、タイトル設定したけど、今のところ主な活動は、「山登り」、「山歩き」、要は登山ですね。これが実に楽しい。タイトル下にも書いたけど、本当に不思議なくらいにこの世界に引き込まれていく自分が突然として顔を見せた。自分はいい年齢(トシ)なので、余り危険なことをする気はないけど、若いうちにこの世界を知っていれば、もしかしたら冒険心みたいな気持ちに灯がともってしまったかもしれない。この「山の世界」、かなりお勧めである。

2017年4月23日日曜日

超貴重!山野井泰史さんの講演


昨日、某山岳系ショップ主催の講演会に行ってきた。それはなんと、あの世界的クライマー山野井泰史さんの講演会。この講演会は、山野井さんの主治医?のHuMA(災害人道医療支援会)の金田正樹先生のおかげで成しえたようだ。というのも山野井さんといえば、講演会のような催し物はあまりお好きではないようで、そういう意味では今回の講演会はかなり貴重な経験だったと思う。
はじめて間近で拝見した山野井泰史さんは格好をつけるところが全くなく、おそらく素の自分を見せてくれていたに違いない。そんな自然な雰囲気でそこにいた山野井泰史さん、話し口調も難しい言葉を使うわけでもなく、素朴で温かみのある人間味がにじみ出てくるようで、しかも自分としては意外に思ったのだけど、非常に気さくな感じで話しをされていた。
講演の内容は「大いなる山の日々」と題して、ご自身の幼い頃のことから山を始めた頃のこと。世界の名だたる山々を登りつめていた頃のこと。そしてギャチュンカンを経てポタラ北壁が本人にとっていかに大事だったかということや現在の心境についてまでと、ご本人のこれまでの山に関わる人生を語っていただいた。印象に残った話しとしては、ご本人はこれまで死の恐怖を感じたことがないということで、あの奇跡の生還のギャチュンカンのことにしても「とても充実した山行だった」と、あっさりしたもの。やはり超人なのだ。そして、これからのことについて「真っ白な灰になるまで山、とりわけ岩をやっていきたい」とのことで、やはり山に対する情熱は並みならぬものをお持ちのよう。自分も山に対する情熱を掻き立てられた思いがした。
有名峰を目指すのではなく、自分の登りたいルートだけを登り、しかもスポンサーを付けないといった言わば山に対して純粋無垢なスタイル。自分の憧れの人、山野井泰史は思ったとおりすごい人でした。今回、話しを聞くことができてホント良かった。
最後に山野井さんの著書を購入し、しっかりとサインまでいただいた。あの山野井さんにサインをいただいたのだ。この日は興奮してなかなか寝付けなかった。ああ、本当にこの日は幸せな日となった。山野井さん、本当にありがとうございました。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月22日土曜日

山系フリーペーパー


今の世の中、フリーペーパーで溢れかえっている。街角、鉄道の駅、コンビニ、観光施設、時にはポスティングされたり。それにしても、このフリーペーパー、広告収入をもとに無料で配布されている刊行物であるけれど、内容はけっこう充実していて、無料だからといってバカにできない。だから自分の場合、近所の山岳系某ショップで新しい「山系フリーペーパー」を見つけると、たまに持ち帰ってきては読みふけっている。
今回持ち帰ってきたものの記事の中に、自分がひそかに興味を抱いている登山ガイドにまつわるインタビュー記事が載っていた。その記事によると日本山岳ガイド協会では、同協会が認定している山岳ガイドや登山ガイドの資格を国家資格にしようと取り組んでいるらしいのだ。凄いではないか!自分、いいおじさんで、仕事も昔ながらに一つの会社にこれまでの人生を捧げてきた。でも、最近子供が巣立ち、間近に迫ってきた定年を考えると、もし諸事情が許すのなら、第二の人生、大好きな山に関わる仕事ができたらなと、小さな小さな夢ではあるがひそかに思っていた。そんな思いを抱いていた折に今回のフリーペーパーの記事、「普通のおじさんの夢」という小さなつぼみがほんの少しだけ大きくなってきたような気がする。
フリーペーパー、いいじゃないですか。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月17日月曜日

イワウチワと奥多摩マイナールート

「可憐」という言葉がぴったりはまるイワウチワ
最近、毎回のように書き込んでいるような気もするが、「先日、久々に山を歩いてきた...」。
歩いてきたのは自分のホームグランド、奥多摩。今回の目的は、イワウチワに会うことと、マイナールートを歩くこと。イワウチワは例年であれば遅すぎる時期ではあるが、天気が悪かったり都合が悪かったりで、この週末、ようやく山に行くことができた。また、マイナールートは、この季節が最も狙いやすいと思っている。というのも夏は藪が覆い茂っていて歩きにくいし、冬は道迷いなどで万が一ビバークすることとなった場合、寒さがきついから。だから春はマイナールートの季節だと自分は思っている。
さてイワウチワのことだが、今年は群生地で有名な鉄五郎新道に入ってみた。ようやく春めいてきた季節を半分恨めしく思いながら「どうか残っていてくれ」と、祈りながら歩き始め、道迷いが心配された古里駅から登山口までのアプローチも難なくクリアし、順調に歩を進めた。そして金毘羅神社を過ぎた辺りでその時はやってきた。おお~、咲いているではないかっ!ホント涙が出そうになるくらいうれしかった。天地山でその可憐な容姿に心を奪われてから1年、今年もまた会うことができた。しばらくその場で久方ぶりのご対面の感動を味わってから再び歩き始めたのだけど、イワウチワはそこからいたるところに大小の群落を作っていて、大満足の山歩きとなった。

登山道沿いには大小さまざまな群落がいたるところに
広沢山に近づくころにはあれ程あったイワウチワは全く見られなくなり、自然と心は次なる目的に向かっていた。広沢山から御岳山まではきつい上りも特になくハイキング気分。それまで気づかなかったけど、ふと辺りを見回すとどの木もこの時期、芽吹き始めているようで、奥多摩の山にもようやく本格的な春がやってきたようだ。途中、お馴染みとなった御岳山神社で安全祈願をしてから、奥の院を経てマイナールートの入口のある鍋割山と進んでいった。

奥多摩の山にも本格的な春が。先に見える三角山は奥の院、その右が鍋割山
鍋割山で昼食を済ませてからは次なる目的のマイナールートへ。実はさっき歩いてきた鉄五郎新道もそうなんだけど、これから歩く鍋割山からの北上ルートは山と高原地図はおろか、地理院地形図にも載っていない正真正銘のマイナールートで、ただ、その割にはどっちもいろんなブログに登山記録が載っている不思議なルートなんです。歩いてみて分かったんだけど、どっちのルートも元々ちゃんとした登山道だったみたいで、踏み跡はしっかりと付いていたし、途中には朽ち果てた道しるべが幾つか登山道脇に放置されていた。だけど、おそらく人気のなさから都などからの整備対象からもれて、いつの日か、各種地図からも消えていったのだろう。

ルートの入口は「この先は登山道ではありません」が目印(笑)
どれだけ凄いマイナー感を得られるのだろうと、ワクワクしながら鍋割山からのルートに足を踏み入れると、そこは意外にもちゃんとした登山道。ある意味拍子抜け。まあ、所々に分かりにくいところはあったけど、残念なことに(?)目印となるテープがポイントポイントに付けられていて、結局迷うことはなかった。ただ、そうは言ってもマイナールートであることには違いはない。メジャールートとは違って歩く人は極端に少ないし、登山道もところによっては荒れていて注意を要するところがあった。もし、途中で歩き続けられない事態となったものなら、助けてくれる人と出会う確率はかなり低いだろう。だから、ここに限らずマイナールートを歩く場合は、それなりの覚悟を持って臨まなければいけないだろうし、できれば避けた方がいいと思う。なんて、ソロ歩きの自分が言うのもおかしな話だけど...。

岩が混じって登山道全体はガレ系で歩きにくい
最後にこのルート、人気のないことが歩いてみて少しわかったような気がする。基本的に展望が効かず見どころがないところは奥多摩のほかの登山道と同じようなものだけど、それに加えてこの登山道、若干ガレていてやや歩きにくい。特に城山を過ぎてから鳩ノ巣に下りるまでの1時間はこれに結構な急坂が加わって、転ばぬよう相当に気を遣うとともに体力も消耗した。このルート、やはりあまり慣れていない登山者は足を踏み入れない方がよいだろう。
そう言っておきながら、自分の奥多摩マイナールート歩きはしばらく続きそう...。もちろんお勧めはしないけど、マイナールート歩きはその探検感とでもいうのだろうか、「この先はどうなっているのだろう?」といった好奇心を掻き立てられる山歩きなんです。でも、はい、ちゃんと注意します。いいおじさんなんだから、ちゃんと節度を持っているつもりです。

【Start JR古里駅~大塚山~鍋割山~城山~Goal JR鳩ノ巣駅】
総行程は、距離14.5km、出発地点標高291m、最高標高1084m(鍋割山)、最低標高264m(寸庭橋付近)、移動平均速度1.7km/h、総所要時間7h55m(recorded by garmin)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月19日日曜日

『山と渓谷』2017年3月号


ケチな自分としては珍しく、久々に「山と渓谷」を買った。普段は図書館で済ませているのに「今月号だけは」と思い購入した。というのも、今月号の特集が「悩めるヒザ、予防と対策」だったから。しかも総ページ数は56ページにも及ぶ大特集。ひざ痛に悩む家内に何らかの役に立つのではないかと思い、永久保存版的な感覚もあって購入に踏み切ったというわけ。
ひざ痛の原因や仕組みは別にして、この特集によるとひざ痛の予防策として①歩行の見直し、②筋力アップ、そして③ギアの活用を挙げている。家内の場合は、筋力の弱さが根本的なひざ痛の原因だろうから、鍛え直すことが一番の予防策となるだろうが、ただ、筋力アップは一朝一夕には果たすことはできない。一方、家内の場合、下りのしかも特に階段に弱いらしいので、そうした特徴を見る限り歩き方に問題があると見ていいだろう。だから、今回の特集記事でもう一度歩き方の見直しを勧めてみようと思っている。なお、ひざ痛を予防するギアは財力にものを言わせ(笑)それなりにゲット済みなので、ここは問題ないようだ。ちなみに基本の歩き方は、頭から肩、腰、くるぶしまでを鉛直にすることを基本姿勢として意識することが大切らしい。
ところで、特集冒頭に某有名大学病院の先生が登山者6名の症状を診断するコーナーがあった。やはり本当は専門のお医者さんにちゃんと診てもらったほうが、具体的な対処方法が見つかるみたい。Webで調べてみると、膝専門の整形外科は意外にもたくさんあるみたいなので、家内にもいずれ受診させようかなと思っている。ひざ痛に悩む各位も一度お試しあれ。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月9日木曜日

山行計画は天気予報を重視!


誰でもそうだろうが、山行計画の際には天気予報は重要な情報の一つとなる。初めから雨が予想されているのに進んで山行を実行する登山者はかなり少数派だろう。しかも自分にとっては、数ある山歩きの楽しみの中でもかなり大きな要素として、「山頂などからの眺望」が占めている。だから、山歩きはできる限り晴天の日を選ぶようにしているし、その意味からも山行前の天気予報はとても大事な情報源としている。
ただ自分の場合、どうも強烈な「雨男」らしく、先週末も山の予定だったんだけど、その日に限って天気がよろしくない...。20日間以上も晴天が続いたのに...翌日以降も晴天なのに...なんで日曜日だけがっ!と、山行日前日はこんな心の叫びを繰り返した。
もっとも、今回の山行は久々に家内と温泉旅も兼ねての計画だったので、そんな心の叫びとは裏腹に、前泊の宿ではしっかりと温泉に浸かり、おいしい料理もいただき、お酒もちょこっとだけ嗜めたので、山行とは趣向は違うけど、それなりに楽しい旅となった。天気予報が悪くなるのもたまにはいいかな(笑)。

朝風呂シーン。山行の代わりに温泉だなんて、初めての体験ですね。でも、これはこれでイイか?

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月1日水曜日

《その後のマイギア》ヘッドライトが乾電池の液だれで...

左側に白濁が残ってしまったマイヘッドライト。それでもお気に入りギアです。
油断していた。乾電池の液だれがこんなにも厄介なものだとは思っていなかった...。というのも、しばらく使っていなかったヘッドライト、先日、たまには点検をとケースから出してみたらライトのサイド部分が白く濁っているではないか。試しにスイッチを押してみても反応がない。電池切れかと思い、入っていた電池を取り出してみると、その電池がベターっとしている。「ヤバイ」と思い、新品の電池に交換してもう一度スイッチを押してみたが結果は同じ。その後もいろんなところを押したりしてみたが、うんともすんとも言わない。「ガーン」である。思い返すと夏に娘に貸した時に電池を入れてあげ、返してもらってからもうっかり電池を入れっぱなしにしていた。「ああ、自分としたことがなんてことだ」と悔やんでも後の祭り。
結局、ショップに修理をお願いして、またも無駄な出費がチャリーン(涙)。戻ってきたヘッドライトは機能こそ問題ないがライトの一部分は白濁が残る無残な姿(涙涙)。まあ、これも経験のひとつとして、ヘッドライトには申し訳ないけど名誉の負傷?として刻まれたものとしよう。
ちなみにWebで調べてみたところ、乾電池の液だれは電池を入れっぱなしにする過放電が主な原因らしい。それにしても、自分としてはちょっとしたミスって感じだったんだけど、こんなことになるなんて。ただ、今回のことを教訓とし、今度からは同じ失敗を繰り返さないように気をつけることとしよう。気に入って購入したマイギア、丁寧に扱って少しでも長く使いたいからね。

以前の投稿 → こんなの買っていた〈Ⅱ〉ヘッドライト(2012.9.17)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年1月22日日曜日

冬山の掟(新田次郎)

冬山、遭難、死、家族、色々なことを考えさせてくれる一冊です。
「冬山ではいかなることがあっても、午後に行動を起こしてはならない。」小説『冬の掟』の一節である。冬の八ヶ岳は硫黄岳頂上付近、リーダーの池下昇平はそんな掟を破り、隊員二人を従えて日が暮れた中、猛吹雪により進路を見失い絶望的な瞬間を迎えようとしている。硫黄岳頂上付近は広く開けていて吹きっ晒しになるので、強風時の風当りは凄まじいらしい。ましてや暗闇に吹雪ともなると、考えただけでもぞっとする。
歩いたこともない自分がなぜそこまで言うかというと、実はこのルート、この冬歩こうと思っていて、地図やブログなどを見てイメージトレーニングを何度も繰り返していたから。ただ、自分が歩こうとしていたルートが物語とはいえ死の舞台になっていると、さすがにハッとする。正直ビビる。だからもう一度、計画に無理がないかを練り直すこととした。まだ死ぬわけにはいかないからね。
さて、今回読んだのは新田次郎の短編が10作収められた新装文庫本で、元々は昭和53年に刊行されたものらしい。本のタイトルにもなった『冬山の掟』は、最近、自分の頭の中の大部分を占めていた冬山歩きと偶然シチュエーションがダブったので特に印象に残ったが、これ以外もみな冬山、しかも冬山遭難に関係する作品ばかりで興味深く読むことができた。また、時代背景が昭和前半期なので、登山用具などの名称が現在のそれとやや違っていて、これもこれでなかなか面白かった。シュラーフザック、ウインドヤッケ、アノラック、ルックザック等々、現在でいうと...分かるかな?

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ このエントリーをはてなブックマークに追加